実務者研修 学則

株式会社メディカル・プラネット実務者研修養成施設事業(通信)学則
事業者の名称・所在地)

第 1 条 本養成施設は、次の事業者が実施する。

株式会社 メディカル・プラネット
東京都港区港南2-14-14 品川インターシティフロント7 階

(目的)

第 2 条 社会福祉士及び介護福祉士法に基づき、介護福祉に関する専門的知識及び技術を修得させ、高齢化社会における医療・福祉の担い手として活躍し得る人材を輩出し、地域社会に貢献することを目的とする。

(実務課程及び形式、地域)

第 3 条 前条の目的を達成するために、実務者研修養成施設事業(通信形式)を実施する。通信地域は全国とする。

研修事業の名称)

第 4 条 研修事業の名称は次のとおりとする。

メディプラ けあの学校

(研修受講対象者)

第 5 条 介護福祉士国家試験受験予定者

(研修受講費用)

第 6 条 研修受講費用は次のとおりとする。(8%消費税込)

(1)介護職員基礎研修修了者

  • e-ラーニングコース  29,700 円(テキスト代込)
  • 郵送コース       32,940 円(テキスト代込)

(2)訪問介護員1 級課程修了者

  • e-ラーニングコース 54,000 円(テキスト代込)
  • 郵送コース      57,240 円(テキスト代込)

(3)訪問介護員2 級課程修了者

  • e-ラーニングコース 135,000 円(テキスト代込)
  • 郵送コース      151,200 円(テキスト代込)

(4)介護職員初任者研修修了者

  • e-ラーニングコース 135,000 円(テキスト代込)
  • 郵送コース      151,200 円(テキスト代込)

(5)訪問介護員3 級課程修了者

  • e-ラーニングコース 170,100 円(テキスト代込)
  • 郵送コース      191,700 円(テキスト代込)

(6)訪問介護員課程未修了者

  • e-ラーニングコース  180,360 円(テキスト代込)
  • 郵送コース       205,200 円(テキスト代込)
(研修カリキュラム)

第 7条 研修を修了するために履修しなければならないカリキュラムは別表1のとおりとする。

(研修会場)

第 8 条 本研修を行うために使用する講義及び演習会場は、以下のとおりとする。

メディカル・プラネットセミナールーム:東京都港区港南2-14-14 品川インターシティフロント7階
メディカル・プラネット研修室:東京都港区港南2-4-12 港南YKビル5階

 (入講時期)

第 9 条 毎月16 日~翌月15 日とする。

(開講期間)

第 10 条 2014 年4 月1 日より、毎月1 回開講する。スクーリング日程は、年内に5回以上設定する。詳細日程については別紙にて告知。但し、受講生の都合により日程を変更する場合あり。

(入講手続)

第 11 条 所定の申込用紙に記入の上、指定口座に受講料を振り込むものとする。尚、講座は紙ベースまたはe-ラーニングでの講習を選択する。

(定員)

第 12 条 受講定員は1 クラス30 名とする。

(科目の免除)

第 13 条 別表2 のとおりとする。

(研修修了の認定方法)

第 14 条 修了の認定は、第7 条に定めるカリキュラムを全て履修し、各科目ごとに事前通信学習、課題レポート提出、スクーリング学習、演習を行う。

A(90 点以上)B(70~89 点)C(50~69 点)D(30~49 点)E(29 点以下)の5段階で評価し、B以上を評価基準を満たしたものとして認定する。C判定以下の者については別途補講を設け対応し、再度評価をおこなう。尚、出席日数が規定日数の2/3に満たないものに付いては、前項の評点に関わらず、その修了を認めないものとする。

(補講について)

第 15 条 研修の一部を欠席した者で、やむを得ない事情があると認められる場合については、当該課程教科時間数の概ね1 割を上限とし、受講会場の次期クラスにて同科目の振替受講をすることにより、科目履行完了とする。尚、振替受講は事前申し出を原則とする。その際の受講料は無料とする。

(受講の取り消し)

第 16 条 次の各項にひとつでも該当する者は、受講を取り消すことができる。

  1. 意欲が著しく欠けており、修了の見込みがないと認められる者
  2. 学習研修の秩序を乱し、受講生としての本分に反した者
  3. 弊社の定める受講料支払い規定に反する者
(修業年限・在学年限)

第 17 条 修業年限は最短6 か月とし、休学の場合を除き3 年を超えて在学することはできない。

(休学について)

第 18 条 やむを得ない事情があり休学をする場合の期間は最長で2 年とする。

(受講者選考)

第 19 条 本講座を受講しようという意志があれば、特に問わないものとする。

(教職員組織)

第 20 条 本講座に以下の教職員を置く

  • 施設長 1 名
  • 専任教員 1 名以上
  • 講師 1 名以上
  • 事務職員 2 名以上
(施行細則)

第 21 条 この学則に必要な細則ならびに定めのない事項で必要があると認められる場合は、弊社がこれを定めるものとする。

(附 則)

この学則は、平成26 年4 月1 日より施行する。
この学則は、平成26 年12 月1 日より施行する。

PDFでダウンロードする