サービス提供責任者

サービス提供責任者とは?

ケアマネージャーやケアワーカーとの連絡・調整など、コーディネート業務全般に携わります。
具体的な業務は、主にケアマネージャーの作成したケアプランに従い、より具体的な訪問介護計画書を作成したり、ヘルパーの指導・育成や訪問介護サービスに伴う管理業務です。また、身体介護・生活援助等の現場に入ることもあります。
利用者様により良い生活を維持して頂くために、医療・介護福祉連携とチーム介護を目指すこれからの時代のキーパーソンとして期待されてます。
訪問介護事業所には、サービス提供責任者の配置が必須となっております。


サービス提供責任者の業務

訪問介護のサービス提供責任者としての業務には、主に次のようなものがあります。

訪問介護サービスの申し込み等の調整

・利用者からの申し込み受付
・利用にかかわる契約および契約更新
・介護保険利用外における申し込みの対応

訪問介護計画の作成

・ケアプランの理解(ケアマネージャーとの調整)
・利用者宅への訪問、アセスメント
・訪問介護計画の作成

訪問介護計画の説明

・訪問介護計画書の原案を利用者またはその家族へ説明し、内容について同意を得る。
・作成した訪問介護計画書を利用者に交付

訪問介護サービス提供後の状況把握

・計画の変更を検討するための再調査または定期訪問
・担当の訪問介護員からの状況把握
・サービス提供後の訪問介護計画書の変更

訪問介護員等に対する技術指導

・訪問介護員に対する業務指導(介護技術、困難事例へのアドバイス等)
・新任訪問介護員との同行訪問

訪問介護員等のサービス内容の管理

・訪問介護員とのサービス提供に関する報告、連絡、別のヘルパーへの申し送り事項の管理
・訪問介護員やサービス提供に関する利用者からの苦情や相談の対応

介護技術の研鑽(けんさん)

・訪問介護員に対する研修の開催
・外部研修への参加

居宅支援事業者等との連携、サービス担当者会議への参加

・サービス担当者会議の参加・担当者の派遣
・ケアマネージャー等への報告、連絡調整

実務者研修ページに戻る