(終了)看取り介護講座 ターミナル期における多職種連携

介護セミナー介護セミナー 介護職介護職 看護師看護師

(看取り介護講座 第3弾)ターミナル期における多職種連携

多死時代を迎え、在宅施設での看取りが増えています。
その人らしい生活を最期まで支えるためには、多職種連携が重要な鍵になります。多職種連携・協働が適切に実践できるノウハウを学びましょう。


ターミナル期における多職種連携をみんなで学びましょう


・多職種連携のジレンマ
・なぜ多職種連携が必要なのか
・多職種連携に必要なコンピテンシー
・チームケア


開催概要


[日時] 平成27年9月27日(日)10:00~15:00
[会場] 日本社会事業大学 文京キャンパス4階(東京都文京区小石川5-10-12)
アクセス:地下鉄丸ノ内線・茗荷谷駅 徒歩5分
[募集定員] 40名
[受講料] 5,400円(税込/事前入金)


講師紹介


鶴岡 浩樹(つるおか こうき)
つるかめ診療所(在宅医療支援診療所)所長
日本社会事業大学専門職大学院教授

1993年、順天堂大学医学部卒。自治医科大学地域医療学教室入局。1996年、岩手県藤沢町民病院内科、米国留学を経て、2004年、自治医科大学附属病院総合診療部外来医長。2007年、つるかめ診療所(在宅療養支援診療所)所長。2013年、日本社会事業大学専門職大学院教授。日本プライマリ・ケア連合学会認定 家庭医療専門医。


申込方法


下記の申込みフォーム、もしくはお電話(03-6712-8890)よりお申し込みください。
※お申込は終了いたしました。


お問合せ先


〒108-0075 東京都港区港南2-14-14 品川インターシティフロント7階
株式会社メディカル・プラネット 「けあの学校」事務局
TEL:03-6712-8890


いいね!で最新情報が受け取れます。